社長ブログ お役立ち情報

【暖かい家づくり】高気密高断熱住宅で、当社が気密を妥協しない理由とは 〜前編〜 

気密社長こと寺澤 悟です。今年の冬は寒気が連続で日本列島を覆い、とても寒い冬となりました。

自社のイベント等でご来場者の方からも「暖かい家が欲しい!」とよく言われます。

これは当社に限らず、同じジョイ・コス住宅システムを採用している栃木の工務店さんでも同じで、そこの社長さんがお話しになっていた話があります。

当然だとは思いますが当社に来られる方の全てが「暖かい家」を望まれているので、かなり勉強されており、専門用語も理解される方も多く、そして、その殆どの方たちはハウスメーカーの住宅展示場を巡り、詳しく説明を聴いて来られたそうです。

私はなぜ、そこで新築を頼まなかったのか?疑問に感じてましたが、高気密高断熱について詳しく説明できない疑問を聞いても「誤魔化された!?」。断熱性能なども「ZEH」に対応しております。こんな感じらしいです。

誰しもが『気密』に関して詳しく話ができる営業マンは居なかったようで、『当社に来られるお客様の殆どが高気密高断熱に関して自ら学んでおり、ハウスメーカーの営業マンより詳しいのでは?と考えられます。』とおしゃっていました。

セルシオール株式会社(栃木県)

本当にあったかい家づくりには欠かすことの出来ない気密・断熱性能。

そこで今回は『気密』について、なぜこんなに特化して取り組んでいるのか、住宅の「気密」についてお話ししたいと思います。

なぜ高気密高断熱住宅は必要なのか?

そもそも、なぜ「高気密高断熱住宅」が必要なのでしょう?

  • 寒い冬、暑い夏を快適に過ごしたいから
  • 省エネ性が高いから
  • 日本のエネルギー自給率が低いから
  • 省エネ性を上げランニングコストを下げたいたから
  • 室内の温度差は人体に悪影響を及ぼすから
  • 内外温度差によって生じる『結露』を防ぐため
  • 『結露』から生じる『カビ・ダニ』を防ぐため

などなど沢山あるかと思います。

しかし一番の理由は、一生涯に一度の高い買い物だから失敗したくないのではないでしょうか?

私自身も実際にその建てる側だったら絶対に失敗したくないし、車など高額な品を購入する時には必ず”燃費”などの維持費も気にして検討します。

今や自動車も燃費が良い車種が人気があり、中古市場でも燃費が良い車種は高額で販売されている感じではないでしょうか?(一概には言えません)

2022年現在の今日、世の中に出回っている「高気密高断熱住宅」という住宅の中で新築された物件のうち、どれくらいの物件でキチンとした「気密測定」を実施しているのでしょう

建主さんのことを想い、ダメだった箇所を手直しし改善されているのか疑問が残ります。

今、流通している「ZEH仕様」の住宅でも気密測定も実施しないのであれば、単に「高断熱?住宅」なのではありませんか?

上記の通りこの日本では、絶対に高気密高断熱住宅は必要不可欠です!

気密工事の条件

実際のところ、気密工事の期間はどのくらいかかるのか?と気になる方もいるかと思います。

当社の場合、33坪ほどの住宅でも2週間くらいは掛かります。

大きめな隙間はウレタンスプレーを使用しますが、ここで重要なのは「ウレタンは断熱材であり、気密材ではない」ということ。

ウレタンを吹いてそのままにすると、空気に接していることで経年劣化し痩せてしまうことやひび割れなどにより、やがてその箇所が隙間となってしまう恐れがあります。

そのような現象を防ぐためにも必ず、ウレタンを吹いて乾いた後は気密処理が必要です。

些細なことですがこのようなことも知識として身につけておかないと、たかが隙間で終わってしまい、その隙間から冬場には外の冷たい空気が室内に侵入することで、それこそ「床暖房」が必要な住宅となってしまいます。

また、当社では気密レベルの水準もC値=0.1cm2/m2以下を目標としています。このC値も実際に気密測定して初めて数値が見えます。気密測定もせず、「大体これくらい」とか「平均でこれくらい」で数値を言う業者もおりますが、果たしてそれで安心できますか?

中間気密測定の様子

しかも気密工事に対しては大工さん、携わる業者さんにおいても気密についての知識や重要性も熟知しており、面倒臭がらずに丁寧に綺麗に仕上げられる人物に限定されるほか、それを管理する当社の監督もある程度の知識だけではなく工夫と経験、そして責任感が求められます。

気密工事

当社の気密工事は先述の通り1棟あたり、2週間は掛かってしまいます。

電気配線や設備配管など断熱、気密層を貫通させる箇所には穴を開けます。

配線、配管が完了した後にウレタンスプレーを施し、乾いた後にはキチンと気密テープで処理します。

気密テープも気密処理する箇所に合わせて2種類使い分けます。

奥がブチル系気密テープ。抑えが効かない横架材、電気配線、浴室下部などに使用します。

手前が通常の気密テープ。石膏ボードなどの下地で気密テープの上に抑えが効く壁や床、窓周り内側などに使用します。

気密テープを貼る際は、ただ手で貼るのではありません。

ヘラを使い、強めにしごいて空気を抜き、下地の凹凸浮き出るくらいにに擦らないと後々剥がれてくるので、手間を惜しまず丁寧に処理します。

窓回りの気密施工の様子

電気配線部は断熱、気密層を貫通させるので束で配線してしまうと気密を確保することができません。

面倒でも1本づつ貫通させることで気密が確保出来ます。

電気配線 1階 天井部
写真提供:セルシオール株式会社
電気配線 1階 床部
写真提供:セルシオール株式会社

設備配管も理論は同じです。1本づつ配管し気密処理します。

システムキッチン下部 給配管
写真提供:セルシオール株式会社
システムバス下部 給水給湯・追い炊き循環配管部
写真提供:セルシオール株式会社

ここで忘れてはならない箇所があります!

土台と基礎の間に入れた『土台パッキン』部です!

土台パッキンそのものは断熱材でも気密材でもありません。(気密パッキンもあります)

断熱欠損とならないために土台パッキンに被せるように断熱材で塞ぎその上から気密処理を施します!

隙間という隙間はすべて気密テープで塞ぎます!
もちろんエアコンのドレンホース周りもしっかり気密処理します。

この様な気密工事を手を抜かずコンセントの配線一本一本まで気密処理する事により、目標であるC値=0.1cm2/m2が実現できるのです。

お客様にとっては一生涯に一度の高い買い物です。少し真剣になって欲しいと強く感じます。

建ててから後悔するのでは無く、失敗しないためにもぜひ住宅の性能について知識を持たれる事をオススメします。

気密施工工事って見られるって知ってました?

皆さんは新築工事中の見学会に見に行かれたことはありますか?

住宅展示場などモデルハウスでは、工事が完成した『家』であって、そこには家具家電、インテリアなどキチンとコーディネートされ洗練された『理想の空間』であることでしょう。

営業マンにコーディネーター、設計者に技術者などたくさんのスタッフ。そして立派なカタログや有名人を広告棟にした華やかなCM等の充実すぎる販促ツール。

我々には逆立ちしても(ヒト・モノ・カネ)絶対にこれらは勝てませんし、到底真似などできません。

しかし住宅づくりに関しては『技術・経験・知識・地元企業としての誇りと責任、そして顧客への想い』は絶対に負けません

私たちは手を抜かず真剣に施工している現場を公開しています。

一棟の住宅に付き2日間が限界ですが、気密工事中の壁の中が見える現場です。完成すると高気密高断熱を維持する部材は一切見えなくなります。

どの様に工事されているのか見もせず、仕事をお願いして本当に大丈夫ですか?

しかも先ほどお話した通り、気密測定していないんですよ。

職人に見えないところで手を抜けない様にする側面もあります。見えなくなるから大丈夫と言った油断を無くすためでもあります。

我々はお客様達と生涯楽しく、仲良くお付き合いできる環境を築くとともに、地元・岩手県県の活性化をお手伝いしながら地域社会の貢献に寄与して参ります。

また、床暖房のいらない家を通じ、そこに住む人の健康にも環境にも優しく暮らせる省エネな住宅を提供し続ける!

これこそが当社の経営コンセプトです。

そこで当社に来られたお客様にはできる限り現実の世界に戻って来て欲しい!そう願い、ご対応させて頂いております。

当社が構造見学会を行う理由とは

当社は地元の小さな工務店で、モデルハウスやショールームなどはありません。

そこで見せ場となるのは、新築工事を行なっている建主さんからのご依頼で新築工事を行なっている『現場』です!!

どんなに断熱工事、気密工事を丁寧で綺麗に仕上げても『人』が施工する上では、少なからずとも”ミス”や”うっかり”が付き物です。

また、人には『慣れ』も有り、そこに『油断』に繋がってしまう事もあるので、ある程度の緊張感を持つ必要があると思います。

壁を石膏ボードで塞ぐ前には、必ず『人に見せる』を定着していれば上記の現象は防ぐことも可能ですし、万が一忘れた箇所などの不具合が生じたとしても石膏ボードで塞ぐ前でしたら”修復”することも安易にできます。

断熱工事をキチンと仕上げ、電気配線、設備配管工事、断熱・気密貫通箇所も含む全ての気密工事を丁寧に行い、それらが完璧にできたかどうか。故に、確認する上でも『気密測定試験』をこの段階(構造の段階)で行うことがとても重要だと思います。

さらに!

気密測定を実施する際も当社の場合、建主さんをはじめ、同業者の方々にも断熱・気密の重要性を広めるために『この意味』をなるべくわかりやすく説明しながらご披露させて頂いております。

そして気密の水準目標を『限りなく”ゼロ”を目指す!』を掲げることで、結果として常にC=0,1cm2/m2以下の数値が出せるのだと思います。

以上のことから『構造見学会』を行うことは必要不可欠!そう思っております。

当社スタッフ全員断熱・気密に対する”重要性”を理解し、建主さんにとってそれが一番の恩返しでもあり、当社を選んでくれた『感謝』の気持ちを込め、”プロ”としての責任と誇りをかけて取り組んでおります。

気密測定を構造時と完成時の2回測定する理由

先述の通り、構造段階では断熱気密工事が的確に行われていて、確認するために気密測定し、自社の基準をクリアしてから次の工程に進みます。

ダメだったらやり直し。クリアするまで『隙間』を見つけて”直す!”

そして『最後まで気を抜かない想い』を持続させるために、全ての工事が完了したら完成時の気密測定を行い、気密性の確認を行うとともに全ての気密施工が完了します。

構造時より完成時の時の方が気密の数字が悪く出る!そんなことは一切ありません!!!

この世に存在する全てのものは『劣化』します。住宅においても木材や断熱材の『痩せ』などにより、新築したその年から経年劣化が始まります。

特にウレタンは空気に触れていないよう電気配線、設備配管、金物等に現場で吹いたウレタンは乾いた後、形を整えた上で必ず気密テープで塞ぎ、空気に露出しないようにしております。

更にはこの日本は地震大国でもあり、建物にも『揺れ』が生じたりすることでそれらが要因となり『隙間』が年々大きくなるのでは!?と思うことでしょう。

経年劣化することで隙間が大きくなるのであれば新築当初から『気密工事』なんて余計な”工期”がかかる面倒な工事は必要ないのでは?

私たち工務店は、経年劣化するのであれば後に広がる隙間を最小限に抑えなくてはなりません。

尚更、当初より真剣に気密工事と向き合わなくてはならない!私はそう思います。

後編予告

次回の後編では

  • 気密工事に対する姿勢
  • どうやってスタッフ一丸取り組むことが出来るようになったのか?

についてお話ししたいと思います。

【暖かい家づくり】高気密高断熱住宅で、当社が気密を妥協しない理由とは 〜後編〜

続きを見る

ご案内

当社では「家づくりって何から始めたらいいか、わからない」そんな方のために家づくりセミナーや資金計画セミナーを開催しています。

お申し込みは下記よりお願い致します。その他お問い合わせはコチラから

    必須お名前
    任意ご住所
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須お申込み内容
    必須参加人数大人
    小学生以下
    必須第一希望日時
    必須第ニ希望日時
    必須第三希望日時
    任意メッセージ

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    自動返信メールが届かない方

    • メールアドレスをご確認ください。
    • 迷惑メールに振り分けられている可能性がありますのでご確認ください。
    • お使いのパソコンや携帯電話でドメインの指定受信を設定してる場合があります。「 takumi1969.com」と「 outlook.jp 」を受信できるように設定の変更をしてください。